2014年05月19日

ネオマクロビオティック専用のブログを作りました(^O^)/


ネオマクロビオティックの情報をお伝えするための専用ブログを作りました
カテゴリーがゴチャゴチャになって見にくくなりそうでしたのでね(笑)
以前にもとのブログでお伝えしましたので今回は話が重複しちゃいます。
http://blog.kodemari8.net/category/21133174-1.html

最近ではマクロビオティックをご存知の方も増えてきてうれしいですね。
20年程前は何?変な宗教?頭おかしくなった?みたいな目で見られました(笑)
でも問題は、桜沢如一がマクロビオティックの名を使って世界に発信を始めた時代から変わってないんですよね。世の中が変わっていなければそれでも構わないんだけど、世の中はあまりにも変わりすぎてしまいましたよね。人の体質も変わっている、植物も昔のものとは全く変わって質がどんどん落ちてしまい、空気も川も海も汚染され、水も浄水器なしでは安心して飲むことも出来ないですよね。悲し〜!
残念な事に世の中の環境はほとんどの物が悪い方向に変わってきてしまってます。このような環境の中ですから昔のままでは通用しないことがたくさん出てきました。それを現在の人々の環境に合わせて修正していくのがネオマクロビオティックなんです。

もともとマクロビオティックは宇宙の根本原理に基づいて、人の生活や世の中をより良い方向にしていこうという基本原理なんですよ。それを食生活に応用したものが食物養生法と言われるマクロビオティックに基づいた食事方法なんですが、マクロビオティックは食べ物だけに傾いてしまったんですね。
人がいつまでも健康で快適に幸せに生きていくためには多くの要素が必要なんです。もちろん食べ物は重要な要素ですけど、食べ物を改善すれば血液がきれいになる、きれいになれば体は健康になる、体が健康になれば精神も健全になる、健全なる体に健全なる精神が宿るとよく言われていますよね。本当にそうだと思いますか?かなり熱心に完璧な食生活をしているのに健康になっていない人が多いのは何故なんだろう?って思いません?
それから健康であると思っても健康でないことが多いんですよ。肉体の健康と精神の健康とは一体なんです。だから体が健康で心が健康でないということはありえないです。心が健康でないということは体も不完全です。心は健康だけれど体は不健康というのもありえないんです。これは完全に一体なんですね。そして心が主体で肉体は従なんです。だから肉体だけを見て健康をつくろうとしても限界がきてしまうんですね。

あ〜んまり最初から面倒臭いこと言うと嫌になちゃうと思うから、本当に身近な生活の事から注意していって欲しいな~と思うことを伝えていきたいと思ってます。何故なら私は幸せでいたいし、みんな幸せであって欲しいから。毎月東京に勉強に行ってるのも、もちろん自分の為だけど、それ以上に中途半端でなく、きちんと人に伝えたいからなんだぁ。安月給で生活大変だけど(笑)それ以上に今の状況を黙ってみてるのが嫌なんです。
今の生活環境は余りにも体に有害なものが多すぎるんです。限界を超えてます。まぁ〜何とかなるでしょと言ってられない状況ですよ。不慮の事故等で手足を無くしたり、病気で内臓の一部を切り取ったりしたとしても、その部分を補っていけば幸せに生きていくことは出来ますよね。でも絶対にここだけは守らなくてはいけないというのはどの部分だと思いますか?狂ったら絶対に幸せになれない部分は?それはね、遺伝子、脳、神経細胞です。この3つが狂ったら大変なんです。何故かわかりますか?

「遺伝子」遺伝子が傷つくと破壊されてやがて消滅しますよね。そこまでいかなくても遺伝子がほんの少し狂っただけでも快適に生きることはできないから幸せになれないですよね。だからこれは狂わしてはいけないです。今の医学でいうと、一度狂った遺伝子は修復不可能といわれています。いったん狂ったというのは限度を超えて狂ったということですよ。それはもう、修復不可能。これは非常に重大なことですよ。

「脳」脳が狂うと心身が狂ってしまいます。脳が体をすべてコントロールしていますよね。だから脳という大事なところがほんのわずか狂っただけでも健康に快適に生きていくことができなくなります。体をコントロールしている脳の一番重要な中枢部分。そこがちょっとでも狂うと体中ダメになります。小さな腫瘍が一つできただけでもダメです。最近分かったことですが、現代人は脳の一番中心の部分が萎縮してきているそうです。萎縮するということは、機能がだんだん低下していくということですよね。で、そこには体をコントロールすると同事に心をコントロールする、心に大きな影響を与える部分が一緒になっています。現代人はこれがどんどん萎縮してきている…そこに針をちょんと刺しただけで瞬時に心臓が止まります。針を刺すわけじゃないですが、じわじわ針を刺すようなことを毎日現代人はしているのです。だから、じわじわ悪くなっていく。そして、じわじわ萎縮している。心に大きな影響を与える部分ですから狂った人が増えてくるわけですよね。怖いです。

「神経細胞」脳の信号が電気的に神経細胞に伝わることで体全体の組織をコントロールするわけですから狂ったらコントロール不可能です。

ということで、この「遺伝子」と「脳」と「神経細胞」を傷つける様な事は徹底的に避けなければいけないんです。徹底的に避けてもある程度は普通に街を歩いているだけで避けることが出来ない状況なんですから。だから自分で気を付けられることは徹底的に避けるようにしていって欲しいと思います。

では「遺伝子」と「脳」と「神経細胞」を傷つけるものは何か?
物理的なものでもっとも危険性が高いのは電子レンジ、IHです。それよりもっと悪いのは電子レンジで加熱したものを食べること。これはもっと危険ですよ。分子レベルで変性を起こしてしまいます。食べ物の見た目も変わってしまえばわかるんですけどね。
そして今は、家の中にいても街を歩いていても電磁波を常に浴び続けています。電磁波というのはあまり強くなくても長く浴び続けていると大きな影響を与えます。アンテナから出ているものは携帯電話の何千倍と強力なものが出ています。このアンテナが日本中の至る所に立ってます。
そういうとんでもなく危険な状況にするもう1つは科学的な物質。界面活性剤、農薬(除草剤、防虫剤など)これが3つを狂わせるんです。浸透力が強くあっと言う間に細胞の中に入り込んで核まで到達して遺伝子を破壊していきます。

「遺伝子」「脳」「神経細胞」の3つが狂うと、どんなに完璧に食生活を正してきちっとした玄米菜食をやっても、健康的な生活をしても、どんなにさまざまな体操、瞑想などやっていても、なかなか健康にはなれないのが現実です。生活習慣病と言われるものも、年々低年齢化してきていますよね。若年性の痴ほう症も今では40代になってきています。

食事の事も大切ですが、それよりも先に変えた方がいいのは洗剤類ですね。界面活性剤の中でも特にすぐに止めてほしいのが歯磨き粉です。直接口に入れるのは怖ろしいです。その他に洗剤、シャンプー、リンス、化粧品、入浴剤などなど、あらゆる製品に使用されていますが、優先順位で歯磨き粉、次は台所洗剤、その他も出来るだけ早く変えていってほしいです。
農薬の除草剤なども本当に危険なので簡単に家の周りに撒かないでください。空気に蒸発しやすく、浸透性が高いのですぐに細胞に入ってきますよ。細胞内に入ったらすぐに核まで入って遺伝子を破壊します。殺虫剤もやばいですよ!日本で当たり前に使用されているネオニコオチノイド系の農薬はヨーロッパで2013年10月より使用禁止になりました。脳神経がやられてしまいます。それほど危険だということが証明されたからですよ。なのに日本では知らん顔ですね。これもワクチンと同じように余った在庫はみんな日本にやってくるんでしょうね…脳を狂わせるとても危険な農薬なんですよ。
そして電子レンジ、IHは使用しない。携帯で電話するときはイヤホンマイクを使用する。そうそう、Bluetoothの電磁波は微力なので比較的安全みたいです。直接耳に当てるのより遥かに安全です。私も有線のイヤホンマイクは使うのが大変だったのでBluetoothのイヤホンマイクに変えてみました。

では、長くなりましたが今回はここまでです。
何か疑問、質問等があったらどんどんコメントください。東京に講座を受けに行く時などにガンガン先生に質問することもできます(笑)
いろんな分野の世界の人、大勢の人と手を結んで、みんなで協力して早く本物の世界を作っていきたいですね。


posted by 小手毬 at 23:39| Comment(0) | ネオマクロビオティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキングに参加してます。【ポチッ】とお願いします                                                    にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ bnr.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。